麗玉(れいぎょく)プロフィール

初めまして麗玉です。

書道歴30年、8段の経験を活かし、書道の講師として活動しています。

2017年からは少人数会員制の書道講座を開講しのべ30人の方へご指導させていただいております。

2020年からはリモート形式で書道を学んでいただける「こころの書道」というオンラインサロンを開設いたしました。

現在、YouTubeチャンネル、「こころの書道」にて楽しく書ける書のコツをご紹介しています。初心者様から中級者まで幅広い方々にご覧いただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。

【オンラインサロン「こころの書道」のご紹介】

私が書道と出会ったのは小学2年生の頃、友人が書道教室に通い出したのがきっかけでした。

それまでの私にとって書道は、単なる習い事だと思っていましたが、書道との出会いが私の人生を変えることになります。

学校では字を綺麗に書きなさい!書くときはこのようにしなければなりません!というように形式ばったことを学びますよね。

そこで書道に対する苦手意識を持たれる方もいらっしゃると思います。

ですが、書道教室に通ううちに私が学んだのは「書く楽しさ」でした。

書は個性、伸び伸びと自分の好きなように文字を書いていい。という学びを得たときに私の興味は書道に引き込まれました。

そして、高校2年生まで書道を続けることになります。

学生時代と書道とのエピソードといえば、中学生のときに書道部の部長をしたことが印象的です。

当時、部長という建前もあり、部員の勧誘をしなければなりませんでした。

その時に私が伝えていたことは、「あなたは、素晴らしいと評価されている作品の字を読めますか?(普通は読めませんよね?)そうだとするならいっそのこと楽しく字を書きませんか?」という言葉でした。

今考えると、恥ずかしいほど生意気な発言ですけどね…

この考えは今も変わらないんです。

「楽しく字を書く」という考え方こそが大切だと私は考えています。

さて、話しが途中で逸れましたが、高校3年生の時に他の習い事を始めた為にいったんは書道から離れました。

その後、結婚、出産を経て書かない日が続いていたのですが、子育てがひと段落したときに友人から声をかけられました。

PTAで一緒に活動していた友人と食事に行った時に、そこに飾られていた書の作品をみて話が盛り上がり、その流れで友人が地域の書道教室に通っている事を知り、彼女から一緒に通ってみない?と言う誘いに乗り体験に通ってみたのです。

その時、私の中に潜んでいた書道熱が目を覚まし、再び書道を始めることとなりました。

学生時代とは異なり、大人になってから学ぶ書道は何倍もの魅力があふれていました。
書は伸び伸びと書いていい、この楽しさを感じる日々が私に戻ってきたのです。

再開後は多くの作品を書き、2016年には美術展にて1席を受賞、2017年には少人数グループでの書道講座を開講いたしました。中学生から大人まで幅広い年齢層の受講生様に書を学んでいただいています。

また、多くの方に書道の楽しさを知っていただきたいと思い、2020年にはYouTubeチャンネル「こころの書道」を開設し、字を書くときの楽しさをお伝えしています。海外の視聴者様からのコメントも寄せられるなど、日本を超えワールドワイドに書道を楽しんでいただいております。

YouTubeチャンネルでは視聴者様から反響をいただくようになり、もっと多くの方に書く楽しさをお伝えしたいと思うようになりました。そして、画面の向こう側にいらっしゃる方にも書を楽しんでいただける方法はないかと考え始めました。YouTubeのコンテンツは受け手として視聴するだけなので、「書く」楽しみをお伝えしづらいのです。

このご時世の中、どうすれば字を書くことを楽しいと体感していただけるのか、検討を重ね、オンラインサロン「こころの書道」の開設に至ります。

実は、こころの書道を始めた背景には私の書道教室に通われている受講生様の声とも深くかかわっています。

書道教室へのご参加を決められる方は、どちらかというとネガティブな思いを持たれている方が多いのです。

・字が下手だからうまくなりたい

・周りと比べると字が綺麗でないため引け目を感じる

・自分の字を見たくない

だから字を書くことさえも嫌いになってしまった。

そんな方も少なくありません。

ですが、私は、自分が書いた字を好きになってほしいと思っています。

大好きになっていただきたいのです。

このような思いを実現するために、

オフラインでおこなっている少人数グループの書道講座では

堅苦しく指導するのではなく、

「字を書くことは楽しい」と思えるような内容をお伝えしています。

受講生様からは

「初めは文字を書くのが苦手だったが、麗玉さんの講座を受講するようになってから書くことが好きになってきました。」

「今まで出会った書道の先生たちとは、全然違います。」

「字を書くことがこんなにも楽しいとは思っていませんでした。」

というようなお声を続々といただいています。

今、文字を書くことが苦手な方や決まりきった指導が苦手な方もご安心ください。

きっと字を書くことが楽しいと心から思える日がやってきますよ。

さて、オンラインサロン「こころの書道」のお話に戻りますね。

2020年に入り、私たちの生活様式は一変しました。

これまではオフラインで活動していた書道講座ですが狭い教室の中で、対面で書道をお伝えするのはとても難しい状況となっています。

では、通信教育はどうなのか?とも思いますが、書いた作品を添削していただいて自分の手元に戻ってくるにはあまりにも時間がかかりますよね。

作品に添えられる添削コメントも短い文章で、本当に必要な改善ポイントやアドバイスが何なのかが理解しづらいでしょう。

一方で、指導する側にとってもどのようにお伝えすればいいのか、コメントにして表すのは難しいものです。

何度もお伝えしていますが、私の想いは、「字を書くことを楽しんでほしい」そして、これは私のミッション、使命にもなっています。

本来なら対面で指導して、会話の中でいろいろな言葉を交わし、あなたがどのような文字を書きたいのかを知りたいのです。

ですが、それができない今、オンラインサロンという形を取らせていただきました。

最近はインターネットを使ってのオンライン授業やセミナーが広まってきていますよね。

通信網も5Gが導入されるなどさらなるリモート化が進んでいます。

今、この時代だからこそできるリモートでの書道教室、それが「こころの書道」です。

書道を学びに行きたいけれど、環境や時間のせいで難しい方もいらっしゃるでしょう。

ご高齢者や病気や怪我で外出が難しい方、介護中で家を空ける時間が取りにくい方、育児中でまとまった外出時間を取りにくい方などにもご参加いただきたいと考えています。

室内に閉じこもりがちだと、ストレスがたまってモヤモヤしたり悲観的になったりしませんか。

書道にはこのような気持ちをリフレッシュする効果もあるんですよ。

もちろん、「わざわざ字を習わないといけないですよ!」

なんて追い詰める気持ちは1ミリもありません。

それよりも、このオンラインサロン「こころの書道」を上手く使っていただいて

字を学ぶ楽しさだけでなく自宅にいてもいろいろな方と交流できる喜びを感じていただければと思います。

そうはいっても、この自己紹介からは、どのようなオンラインサロンなのか想像がつかないかもしれませんね。

そこで、オンラインサロン「こころの書道」にご興味を持っていただけた方を対象に1回限定の体験コースをご用意しました。

ぜひ、この機会にご参加くださいね。

詳細な参加条件や、お申し込みはこちらからどうぞ…